30代は歳相応の服装を意識するべき

 

30代、若い頃に比べればファッションにかけられるお金も増えてくる頃かと思います。

 

そして、20代に比べ、段々老けてくる顔。

 

女性で、明らかに年なのに、若いファッションをしている人をみて、顔と服が合ってないな、と感じたことはありませんか?男性でも同じです。

 

服の質感も年齢に応じて変化させるもの

ひとつ例にピーコートをとってみましょう。

 

高校生から着ているピーコート。

 

これをアクリル100パーセントで買うと、あっという間にゴワゴワ、厳しい女性の目線からだと安い!というのが一目瞭然です。

 

30代でもまだまだピーコートが似合う場合でも、そんな安っぽいものを着ていたら魅力も半減します。

 

やはり、最低でもウール、今ではカシミア、アンゴラ等見た目から上質、さわり心地のよい素材で見つければ若くみえ、しかも安っぽく見えないファッションが出来ると思います。

 

自分の顔をじっくり見つめ、まずは似合うかどうかを考えて購入したほうがいいと思います。

 

無責任な店員さんは、若く見えますといって全然似合っていないものを薦める人もいるので、信頼できる店員さんのいるお店を見つけるのもいいかもしれません。

 

店員さんが苦手という人は、ネット通販を利用する手もありです。

 

若く見えながらも、上質、これが30代男性に必要とされるファッションではないでしょうか。